電気のある暮らし 第28回:長雨の季節に入りました

全国的に梅雨の時期となり、各地では曇りや雨の多い季節になりました。内も外も湿気が満ちて気分が晴れない時期ではありますが、米を主食にする日本人にとっては稲作の本格的作業初めの田植えに当たり、年間でも特に大切な時です。

梅雨の表し方は五月雨(さみだれ)よりも長雨(ながめ)の方が古いそうで、万葉集にも長雨と詠まれた歌があるそうです。長雨は人々にとって室外での活動の妨げになりますが、米作には欠かせず、適度な湿気は野山を潤して美しい自然を育み、漆器や木造建築をはじめ独特で優秀な日本文化を生み出してきました。

特に今の時節柄、まだコロナウィルスの問題もありますので、自宅などでゆったり過ごす時期と考えて長雨を楽しむのも良いかもしれません。室内を快適に過ごす為に除湿器を使い、休みの日は自宅でゆったりと、ステイホームしませんか?



タグ:コラム:電気のある暮らし