電気のある暮らし 第51回:過去最も早い梅雨明け

こちら香川県、高松地方気象台は28日「四国地方は6月28日ごろに梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
1951年の統計開始以来、最も早い梅雨明けで四国地方では初の6月中の梅雨明け、梅雨期間は15日と異例の短さだったそうです。

この先、厳しい暑さが続くため万全の熱中症対策が必要になります。
そして異例の短さと降水量の少ない梅雨となっておりますので、平年と比べ、貯水率が低下しているダムも多く、水不足が深刻化する懸念もあります。

全国的に暑さが厳しくなっておりますので、節電も含め、節水にも気をつけていきたいと思っております。

香川電力では国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)の支援を経営理念に掲げています。政府の揚げる「2023年までに温室効果ガスの46%削減の実現」と「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにするカーボンニュートラルの実現」に貢献する事業にも注力しております。

実質再生可能エネルギー100%の電気料金メニューなど持続可能な社会を実現するためにご家庭から貢献できるサービス・商品をご用意しておりますのでご覧ください。


実質再生可能エネルギー100%の電気料金メニュー
https://www.kagawa-epco.co.jp/renewable/


タグ:コラム:電気のある暮らし