蓄電池って何?

電気を貯めることができて、好きな時に貯めた電気を使えるようになるのが蓄電池です。
実はこれ凄いことで、停電した時も電気が使えたり、夜間の安い電気を貯めて昼に使うことで電気代も減らせたりと電気の自由な使い方が出来るようになるモノなんです。

災害対策や、今話題のスマートハウスやゼロエネルギーハウスの推進もあり、導入の際各自治体や市区町村から補助金が出たり、国からのサポートもあるのでこれからの時代は一家に一台付いているのが当たり前になっていきます。

2019年、蓄電池のシェアが広まっています。

災害対策

災害時の電力の確保、もしもの時の備えとして工場やオフィス、個人のお客様に広く普及しています。

普段の電気代削減に

普段使いは電気代の安い時間に貯めて、日中の高い時間に使うことで電気代の削減に。あわせて停電時の電気もカバー。

エネルギーの自給自足

太陽光発電システムと蓄電システムを連携させると、電気をより効率的に使えます。太陽光発電は「電気を作る」役割が、蓄電システムは「電気をたくわえる」ことが出来ます。
「電気を作って、蓄えて、使う」ことができ、大規模な長期間の停電が続いてもお天気が良ければ夜間も電気が使えるので、安心です。

蓄電池Q&A

蓄電池の寿命はどのくらいですか?
メーカーによって異なりますが、平均して10年〜15年程度継続して利用することができます。
動作中に音は発生しますか?
35dB程度(郊外の深夜、病室内、落葉の音)とほとんど気にならないレベルです。
保証はありますか?
メーカーによって異なりますが、平均して10年間の保証がついております。
補助金はいくらぐらい出ますか?
県や市区町村によって違いがあるのでインターネット等で調べるか、お住いの自治体にお問い合わせください。
蓄電池を設置すると太陽光の売電量は増やせますか?
深夜に充電した電力を日中に使用すれば、太陽光の売電量が上がります。
非常用の電源としてどのくらい利用できますか?
万一の停電の場合はメーカーによりますが自動的に自立運転に切り替えられ、リビングもしくはキッチンなどで電気をご利用できます。
充電のし過ぎ等で火事になったりしませんか?
万が一内部がショートしたり過充電をしてしまっても、発火しません。
何かあったら対応してくれますか?
メーカーにもよりますが、保証が10年ついてきますので、ご安心ください。