電気のある暮らし 第10回:停電発生、そのとき気をつけたいこと

外に出ると、どこからか金木犀の香りが漂ってきます。見上げると、空には一面のうろこ雲が広がっています。爽やかな秋晴れが続いてくれたら良いのですが、過去の例から10月、11月はまだまだ台風に警戒が必要な時期です。

何よりもまず安全を確保することが必要ですが、もし台風や地震などで停電が起こった時、気をつけなければいけないことがあります。

災害時の停電後に起こりうる二次火災がその一つです。停電後、電気が復旧したとき(切ったブレーカーを戻す際も)、壊れた器具に電気が通りショートして出火、発熱するケースがあるためです。火災・事故防止のため、コンロや暖房器具、アイロン、ドライヤーなど発熱するものはスイッチを切っておき、コンセントから電源プラグを抜いておきましょう。また、転倒したもの、水がかかったもの、壊れているもの、電源コードやプラグが損傷しているもの、異常な音や臭いがするものなどは電源を切り(コンセントを抜く)使う前に点検、必要であれば修理を行ってください。※1

停電の影響は思わぬところにも及びます。エアコンや医療器具など常時電気を必要とされている方もいらっしゃいます。ご近所で声を掛け合うことでお互いの安全を確認することができるかもしれません。水揚げポンプを利用している建物などでは断水が発生する可能性もあります。その他、電気製品の設定が変わったり、動作予約が消える場合も。日頃、省エネモード、タイマーなど設定されている場合は復旧後、改めてご確認くださいますようお願いいたします。※2

便利で大切な電気、普段から安全に、そしておトクに利用したいものです。香川電力がお得な電気プラン「お家でんきA」をおすすめします。

月の電気代が10,349円(400kWh)のご家庭なら四国電力(従量電灯A)と比べ、月あたり873円、年間であれば10,476円お得になります*。同じく月の電気代が16,339円(600kWh)のご家庭なら月あたり1,861円、年間であれば22,332円お得になります*。


お家でんきA お申し込み

*「お家でんきA」は現在四国電力の契約種別が「従量電灯A」のお客様が対象のプランです。
*各料金は消費税8%の場合の税込表示です。
*電気料金の試算には、燃料費調整額及び再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれておりません。燃料調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金は各電力会社で共通の金額であり、実際の毎月の請求額はそれらを加減したものとなります。
*基本的に各プランの最低利用期間は1年間です。ただし、お客様の引っ越し等で引っ越し先での再契約が不可能な場合等は除きます。


※1 参考文献:「わが家の防災対策BOOK」 香川県
※2 電気機器、電気器具についてご不明な点がございましたら、メーカーや購入店にお問い合わせください。


停電情報ページはこちら


タグ:コラム:電気のある暮らし